ハワイで歯の矯正

HAWAII-LIFE

ハワイで歯の矯正をしてみる事にしました。
若干日本よりもハワイで歯の矯正をした方が安いのかな。。。と漠然に思ってたので、ちょうど一年継続し終了したので記事にしています。

歯並びについて、アメリカ人はとにかく気にする。文化の違いとでもいいましょうか。。

今回利用したのはプラスチック製の目立たない矯正を利用しています。

マウスピースステップ

Step01.歯医者へ行き歯の型をとります。
Step02.その型をベースにしてアメリカにある会社でマウスピースみたいな矯正を作ってもらいます。
Step03.出来たマウスピースが完成して患者さんにはめてもらいます。
Step04.二週間事にこのマウスピースを作ってもらい少しずつ歯が整ってきます。
Step05.この繰り返しを、人によりますが、約1年続けます。

プラスチックマウスピース矯正のメリット

・見た目が目立たない
・マウスピースを交換時に少し痛みがある。痛い時は前週で使用していたのを使用する
・値段が安い(ハワイ一年で矯正した費用約50万弱でした)

プラスチックマウスピース矯正のデメリット

・食事の時に外さないといけない事やその為外食先で矯正を外さないといけない
・歯磨きもするが、プラスチックマウスピースも洗う作業がある。子供の場合マウスピースを自分で洗わないから汚れているケースが多く、たまに匂う時がある。w
・取り外しが多いいので、特に子供は、無くす傾向あり。お昼休みなどに、必ずマウスピースを洗う作業が発生。小さいお子様には結構なデメリットになりそうです。
・歯の矯正終了後、歯茎が盛り上がってしまう。それを自分でマッサージする事になった。(こちらは個人差があると思います。)

値段が安いだけに、デメリットは仕方ないようにおもえます。
メリットよりもデメリットが多くなってしまいましたが、何よりも見た目が目立たない!といったメリットはかなり大きなメリットではないでしょうか。
今回マウスピースのデメリットは例えば金属の矯正したとしてもそれなりにデメリットはあると思います。

HAWAII-LIFE LIFE
よかったらシェアしてね♪
yukkuri-hawaiiをフォローする
お気楽ノマドのハニカム雑記ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました